高齢者、介護の前の見守りサービスとは|【介護の見守り】

2022-05-24

現在、顔なじみのご近所さんや地域での付き合いが薄れ、老々介護や独居高齢者世帯の病気や事故による孤独死が増加し、社会問題化しています。
高齢者の1人暮らしは転倒による骨折で動けなくなるリスクや、喉の渇き、暑さに鈍感になることから熱中症になるリスクも高まります。その他にも病気や事故によるトラブルが起こりやすく、遠方に住む高齢者を抱える家族は不安、心配が尽きません。

見上げる老夫婦

高齢者が抱える不安材料

  • 転倒
  • 事件や事故に巻き込まれる
  • 熱中症
  • 認知症
  • 持病による発作
  • ヒートショックなど・・・

介護が必要な高齢者

このような毎日の不安や心配を少しでも解消するために、その時その場にいなくても家族を見守ることができる見守りサービスが多数生まれています。
日常的に家族の様子を見守ることができるサービスを利用することで、リアルタイムに状況を把握でき、見守る側も見守られる側も安心して暮らすことが可能になります。
★センサーで検知するものや予防型、生活支援型など、ご家族の毎日に合わせた見守りサービスを選んでまずはご相談ください。

  • みまもりほっとラインサービス 東京ガスのくらし見守りサービス
  • IoTネットミル見守りサービス
  • フレッツ・ミルエネ
  • HOME ALSOKみまもりサポート
  • シニアセキュリティ
  • センサーによる見守り支援システム「いまイルモ」 あんしんテレちゃん
  • 見守り介護ロボット「ケアロボ」
  • 会話型見守りサービス つながりプラス
  • 見守りサービス
  • ご家庭見守りサービス「絆‐ONE」
  • 見守りハピネス

「記事タイトル」の関連記事はこちら

関連タグ

ページトップへ