家族の状況に合わせて選ぶなら「アプリ型」と「カメラ型」見守りサービス、どちらがおすすめ? メリットとデメリットで比較

2022-07-20

■ 自分や家族に合った見守りサービスの選び方

アプリを使った見守りサービスは手軽で月額も安く種類も多いため、最近ではスマホを持っているかたが気軽に利用し、幅広い層に浸透してきました。使いやすさや見やすさ、継続しやすさなどから、見守りを始める「きっかけ」にもなっているようです。
アプリ型は手軽で便利ですが、カメラ型やセンサー型などの安否確認を行える見守りサービスと比べて、物足りなさから見守られる側が不安に感じることもあるかもしれません。
アプリ型とカメラ型、それぞれどんな方におすすめのサービスなのか、特長や使いやすさ、料金などをご紹介します。

■ 見守りサービスを利用するご家族の状況

見守る子世帯が離れた場所に暮らすご家族に対して見守りを始めたいと考える場合、
・日常生活に不安はないが、いざという時のため
・日常生活はできているが持病がある
・日常生活に少し不安がある
・第三者の介助を受けて日常生活を送っている
・ケガも多く通院もあり独居が不安
と様々な思いがあると思います。今現在、それほど健康に心配がなく日常生活も問題なく送れているご家族には、アプリ型とカメラ型の見守りサービスがおすすめです。
→ 各種見守りサービスの比較について、こちらの関連記事も参考にしてみてください。

見守りサービス比較表.PNG

■ アプリ型見守りサービスのメリット

アプリ型はスマホがあればアプリをインストールして、その日から使うことができる手軽で使いやすい見守りサービスです。
電話をかけてもご家族がなかなか気づかずに出てくれない、前回連絡をしてから数か月経ってしまった、など「日常的に気軽に連絡を取りたい」といった要望に応えられる「コミュニケーションツール」としての要素の強いサービスです。
アプリだけでは使える機能が少なかったり「フル装備の見守り」としては物足りない部分もありますが、「コミュニケーションツール」としてまずは見守りを始めるきっかけに利用できるのでとても便利です。
テキストを打ち込むコミュニケーションツールと比較して「文字を打つのが大変」「返信が読みづらい」といった「使えないから使わなくなる」放置による見守りの中断も起こりにくくなります。
機器を使ったサービスと比較して月額が安いこともメリットです。

◎ こんな人におすすめ
・意思の疎通はでき、比較的健康に暮らしている 
・スマホを持っていて難しい操作でなければ使える
・持病があって少し心配
・毎日電話する時間がない、電話をしても出てくれない
・最近、自宅でケガをした

通知に返信するだけで安否確認できるものや、歩数計測、血圧が連携クリニックに通知されるなどの高機能なアプリも登場しています。ご家族のできる範囲で使いこなせるアプリを選んでみてください。

■ アプリ型見守りサービスのデメリット

認知に不安があったり徘徊などの心配もある場合には向きません。深刻な介護や介助が必要な場合はアプリだけではなくカメラも使った見守りサービスを利用すると安心です。

高齢者の食事 生活.jpg

■ カメラ型見守りサービスのメリット

カメラ型は「見られている」と敬遠されるかたが少なくないサービスですが、第三者の介入なく家族間だけで見守ることができるので「知らない誰かに見られている」というストレスがありません。

◎こんな人におすすめ
・意思の疎通はできるが持病などがあり独居が不安 
・スマホを持っているが使ってくれない
・家の中での事故やケガが多くて心配
・家族の日常をリアルタイムで見守りたい
・駆け付けなどの第三者の介入を望んでいない

電話がかかってくるとやっていることを中断して対応しなければいけなかったり、メールの場合はテキストを打ち込んで返信する手間がありますが、カメラ型なら日常生活をそのままリアルタイムで確認でき、もしもの時はカメラを通じて対話もできるので、ご家族の生活に少しでも不安がある場合はカメラ型がおすすめです。
画像データや動画データの保存ができる機種がほとんどなので、いざという時も安心。

■ カメラ型見守りサービスのデメリット

見られていることにストレスを感じてレンズの蓋を閉じてしまったり、落して壊してしまうなど、アプリ型と比較して見守りが継続できなくなってしまうことが起こりやすいのが機器を使った見守りサービスのデメリットでもあります。
また機器を購入していると、別のサービスに切り替えたときに物理負担が発生します。使わなくなったカメラの再利用法がなく邪魔になってしまうことも考えられますので、月額定額制でカメラの返却ができる見守りサービスを利用すると便利です。
月額性のカメラ型見守りサービスはクラウド利用料も込みの定額制を選ぶと、通信量を気にせずコストを抑えながらしっかりと見守りができます。

高齢者の見守り.jpg

■ 普段からアプリを使ってスマホに慣れる!スマホに入っていると便利なアプリをご紹介

スマホを買ってあげても使わない、持ち歩かない、という場合「使い方がわからない」「使う必要がない」と思っている場合が多いのです。
高齢者に人気の健康管理やコミュニケーション、便利アプリを集めてみました。日ごろからアプリを使うことで、スマホに慣れて見守りアプリを利用することへの抵抗感も軽減できます。

▽エンターテインメント
・スマートニュース
最新のニュースからエンタメ、スポーツ、グルメなどの注目トピックスを手軽に購読できる無料アプリです。クーポンなども配布しているため、全年齢に広く利用されています。最新情報も速報などでいち早くわかります。

▽暮らし
・楽クラライフノート
銀行や証券会社の口座と連携させて資産と家計を簡単に管理したり、ご自身の思いの整理や離れた家族と情報共有ができる多機能なアプリです。情報共有をする家族を選択することもできます。これからのことが心配な中高年世代にとても便利です。

▽健康
・あすけん
若い世代にも人気の食事管理アプリです。量が食べられなくなったり、好みが変わるなどシニア世代の方はついつい食が偏りがち。日々の献立をアプリに記録し、カロリーや栄養バランスをグラフで確認できるので、健康に気を付ける意識づくりにもなります。

▽脳トレ
・みんなの脳トレ〜脳年齢がわかる脳トレ〜
観察力、判断力、記憶力、反応力、計算力などの複数のゲームが一つのアプリでできるので、思いついたときにできるのが便利。お子さんやお孫さんが帰省した際に一緒にやってみても楽しいアプリです。

▽医療
・EPARKお薬手帳
スマホから簡単に処方箋の予約が可能。好きな日時と店舗を選んで予約。薬局での待ち時間を軽減します。またお薬の登録や血圧、予防接種、服用カレンダーなどもあるので日々の健康管理もできます。

▽お出かけ
・駅すぱあと
道や乗り換えがわからないからお出かけが億劫、そんな時「路線図」「運行情報」「時刻表」「始発・終電情報」をすべて搭載している駅すぱぁとならあらゆる交通情報がこのアプリだけで確認できます。 全国のJR、私鉄(地下鉄)、新幹線、バス路線を網羅しているほか、新幹線、飛行機にも対応。ご自宅をMyスポットで登録しておくと、最寄り駅から周辺の駅や停留所など最適な経路を案内してくれる優れものです。

高齢者の外出.jpg

■ 見守りは普段の会話の延長で始めるのがおすすめ

家族の日常生活での不安や心配をお互いの負担にしないようなサービスを利用することで、「見守る」ことの距離感や障壁を軽減することができます。
何かあった時に急に高額な駆け付けサービスを導入してご家族の負担になったり、毎月の費用が予想以上だったりなど、せっかくの見守りが継続しづらくなるよりも、普段からコミュニケーションをしておくことで、状況が変わったらその時に合わせたサービスに切り替えていくことが見守りを続けやすくなるポイントです。

「記事タイトル」の関連記事はこちら

関連タグ

ページトップへ